激かわアイドル級の風俗嬢との体験談です。

アイドル級の風俗嬢がヤバイ

姉が風俗嬢になってて拒まれた

投稿日:2017年5月28日

小さい頃から姉が大好きで常に姉にくっついて生きてきた。俺がいつもオナニーのオカズにしているのは姉で極度の姉大好き人間だと思う。そんな俺が偶然にもデリヘルのホームページで姉の写真を見つけた。何で姉ちゃんの写真がデリヘルのホームページに掲載されているんだろう。写真を見た時に意味が解らなくてどうしていいかわからなくなった。でも、単なる姉ちゃんに似た人物かもしれないので一応デリヘルに電話をかけて予約しようとしてみた。しかし、いくら受付にお願いしても予約することができなかった。何度理由を聞いても教えてくれなかったし、結局違う風俗嬢を家に呼んでエッチなプレイをした。そして、彼女に姉ちゃんのことを聞いてみると何か知っていそうな顔はしていた。俺が何回も聞いているうちに憐れむ表情になってきて、最終的には彼女がたくさんサービスしてくれて気持ちよく発射した。結局、真実はわからなかったけれど姉ちゃんが風俗嬢として働いていたんだろうな。

お金があるならデリヘルで性欲発散

プライベートがあまり充実していなかったので、俺は基本的に寂しい生活を送っていた。できれば、モテ系のような充実した生活を送りたかったし、何とかして自分の人生を変えたいと思っていた。そもそも、なんで自分の人生がつまらないのかと言うと女と全くかかわってこなかったから。ガキの頃に好きな女の子に告白して見事にフラレ、それ以来女にかかわらずひたすら勉強とバイトを頑張ってきた。大人になった今ではそれなりの地位に就くことができたし金銭面では一般人より裕福になったと思う。でも、それが幸せとは思えなかった。とりあえず、デリヘルに電話をかけて風俗嬢を家に呼んでみた。本当ならデリヘルを利用したくなかったけど、お金を払って簡単にエッチなプレイができるなら気楽に楽しめそうだ。風俗嬢は俺の希望通りのエッチなプレイをしてくれたし、思った以上に気持ちよくしてくれた。彼女のテクで発射した時は感動を覚えたし、風俗嬢は俺にとっては恋人のようなモノだな。